タグ:沼南ワイン ( 8 ) タグの人気記事

f0134669_22114347.jpgついに新商品『備後オリジナルパーティーセット』!!!
「沼南ワイン1本・沼隈ぶどうジュース1本・豚の府中味噌漬け100g×5枚」のセットのご当地づくしです。
20セット限定(5,000円税込み)。贈り物やパーティーに、ご当地セットはいかが(^^)/。
ご用命は、沼隈町の「リカー&フーズ たなか」http://tanaka-sake.com/ まで。お肉は要冷蔵です。
[PR]
by homezou | 2012-12-14 22:11 | 特産品
f0134669_143675.jpgついに新登場!「沼隈ぶどうジュースと沼南ワイン桐箱セット」!
沼隈(ぬまくま)飲料ご当地セットの出来上がり。
別名、パーティーで飲める人&飲めない人セット。

と、思いきや、両者各700本の限定品。このセットは「田中商店」でのみ販売。
しかも、残り数セットのプレミアム品。
お問合せは、田中商店まで。

来年こそは、頑張ろうね、葡萄君。
[PR]
by homezou | 2009-12-13 00:54 | 特産品
f0134669_2311043.jpgもうすぐクリスマス。小僧達もあと一週間で冬休み。サンタに何を頼むか毎日広告を見てウキウキ!
おかげさまで、クリスタル・ローズ・ピースが、大人気!自分的には、今年のヒット商品かも!
製造も順調にできる様になりました。
「クリスマスプレゼントに。」「結婚式に使いたいので。」「娘が帰省するので、珍しいものを。」「来年のばら祭りの時に、友人が福山に来るので、その時にあげたいので。」「頑張った自分にご褒美として。」「ホワイト・デーの時にはありますか?」などなど。
なるほど、お客様の声は本当に有難いです!
レアもの、といえば「沼南ワイン」。明朝レディオBINGO(FM福山)でAM7:50から、葡萄君が生出演します。是非聞いてください!
[PR]
by homezou | 2008-12-16 22:40 | 特産品
f0134669_17162587.jpg10日から発売の福山市沼隈町のぶどう君(備後特産品研究会のメンバー)ちの「沼南ワイン」。
今年は800本限定。例年より200本多い。が、3日目にして、すでに残り二桁!!!
ぶどうの生産から収穫、選別など一連の作業を一生懸命頑張っている結果である。
ここにも情熱大陸野郎がいた!
[PR]
by homezou | 2008-12-12 17:06 | 特産品
f0134669_19485668.jpg沼隈産べりーA100%を使った「沼南(しょうなん) ぶどうゼリー」登場。アルコールが苦手な人も子供も味わえます。すでに沼南ワインを使った「沼南ワインゼリー」は田中商店で販売。ぶどうの旬をちょっと長く味わってもらうための一品です。べりーAの特徴が出た、上品な甘さのゼリーです!
[PR]
by homezou | 2008-10-06 19:39 | 特産品
f0134669_23545464.jpg早朝より「沼南ワイン」のための「田中農園ぶどう収穫祭」。約25名の有志が集まり、べりーAの収穫、ぶどうの袋はずし、色の濃いものの選別、箱詰めまでの一連の作業を4時間弱で終了。800本弱のワインを見込んでいるが、最終製品になるまでは分からない。
昨年は、予約も含め年内に600本が完売。と同時に来年の予約が入るほどの人気ぶり。多くの人に地元「ぬまくま」「沼南ワイン」を知ってもらえたらこれほどうれしいことはない!
[PR]
by homezou | 2008-09-23 22:12 | 特産品
f0134669_2340473.jpg沼南ジェラートはまだありますか?」残念ながら発売2週間で、一個売りは完売。残りはびんごしまなみジェラートセット(ぶどう・保命酒・レモン味)の3セット分のみ。多くの方に県内外の多くの方に買って頂いた。農家の方や製造業の方、色々な方にご協力を頂き、仕上げた商品だ。
プレミアム品といえば「沼南ワイン」もしかり。もうすぐぶどうの収穫時期だそうだ。「沼南ワイン」といえば「田中商店」。彼が約10年の年月をかけて育て上げた商品である。ゆえに彼以外の者が「沼南ワイン」の名を語るのは、沼南ワインを愛する人たちにとっても失礼であり、彼に対しても失礼である。今年も彼のワインに大いに期待したい!!!
[PR]
by homezou | 2008-09-12 23:03 | 特産品
快晴の中、帰農戦士さんのブドウ畑に下の小僧と一緒に行ってきました。ビニールハウスのビニール張りです。骨格は鉄パイプでできており、その上に登り両方からビニールを張っていきます。一パーツ一パーツがよく考えられており、作業がしやすかった。ただ、風が吹くとビニールが舞ってしまうのが難点でしたが、日ごろの行いで、ほぼ無風に近かった。これからさまざまな作業を経てのおいしいぶどうの実りが楽しみである。
[PR]
by homezou | 2008-03-09 13:33 | 特産品