「ほっ」と。キャンペーン

養生食に「保命酒」を。

f0134669_17591553.jpg全国誌、文藝春秋SPECIAL2008季刊春号のコラム「この人の養生食」に、15代将軍徳川慶喜公が、「晩年に薬草入りの保命酒や少量の白ブドウ酒、桑酒などを飲んだ。」と記述があった!幕末に福山藩主阿部正弘公が、今の東国原知事みたく全国に保命酒を宣伝していた。幕末から明治にかけて全国に流通していた事を誇りに思う。
ところで当雑誌の大特集「私の長寿食、教えます」も結構面白かっがその中で、小生が大学職員時代お世話になった初代内閣安全保障室長の佐々淳行先生は、今年で「喜寿」を迎えられた記述等を読み、東京での懐かしさを感じた。
[PR]
by homezou | 2008-04-04 17:41 | 特産品