食品の高値いろいろ(たまには本業の事も)。

原料メーカーから「物価ももちろん穀物はこの先上がるものばかりで・・・」の連発。
<強材料>
①大豆など穀物は、ファンドの資金が流入、サブプライムローン問題の収束の遅れ
②ブラジルで農家は綿花やサトウキビにシフトし大豆の減産
③大豆の生育期(7月~8月)に米国で干ばつ予測。大豆の適正在庫率11%→5.9%へ、物が減る
④豪州の干ばつにより菜種の輸出余力のあるカナダにオファーが集中。中国も内需でカナダより輸入開始かつ中東方面からの食用やバイオディーゼルに使用のため、供給不安勃発
<弱材料>
①オリンピック以降の中国需要が不透明、ある程度の調整局面に
②世界同時株安によりあらゆる市場で調整局面に。行き過ぎ感のある原油・穀物市場が調整局面に入るかも
結局、食卓に直撃。醤油やお豆腐、食用油など、またそれらを使ったお菓子など値上げに。
どうなる日本の食品。他人事ではないよ!
[PR]