六校親善水泳大会の打ち合わせ

本日、六校親善水泳大会の打ち合わせで、旭小学校へ行ってきました。この大会は、1981年(昭和56年)に始まりました。1994年の渇水による中止を除いて、今年で26回目を迎えます。旭、東、西深津、蔵王、坪生、伊勢丘の六つの小学校の水泳教室による大会です。この大会の目的は「水泳教室を通して、小学生の健全な心身の育成と水泳の普及発達を図ると共に、各事業を通して地域の連携とコミュニティの醸成を図り、もって地域社会に寄与することを目的とする」とし、またこの目的を達成するために「水泳技術の養成、指導者の養成を行う」ということで、我々の親の世代が始めたものです。ただ昨今、当時の運営趣旨とは少しずれが生じ(泳法・泳力育成よりも、単に競技性主体)、また各学校間においても温度差がでてきている事も事実です。昨年より、この様な問題を見直し、どういった運営が適切か、どの様な形が子供達にとってよりふさわしいかを考えていますが、ここでも学校間の温度差があり、大会を行なうたびに、親善と言っておきながら、その様になっていない悲しい実情があります。今後はこの大会が負の遺産とならない事を願うばかりです。
[PR]