祖母と介護のこと。

f0134669_22321817.jpg長年の認知症と胃漏をしている祖母の転院先がやっと決まってホッとしている。新たな受け入れ先には感謝の思いでいっぱいである。
様々な制度上の問題で、以前の所を出て行かざるをえなくなり、長期にわたり、市内の老健施設や特老施設、病院など色々とお願いしたり予約を入れたり駈けずり周った。一度ほぼ決まりかけたところも、明確な理由も告げられないまま一方的にキャンセルされたり・・・。
父が亡くなり、予期せぬ事象や責任がのしかかるが、これも運命と受け止める。
本当は家庭での看護が出来れば一番良いのであろうが今の小生の状況と彼女の状態がそれを受け入れる事を困難にしている。非常に残念である。
祖母の現状を通して学ぶことが多い毎日である。
[PR]
by homezou | 2012-04-06 22:07 | 家族