削り節は、福山が発祥の地。

f0134669_23463286.jpg数年前「瀬戸内ふりかけ」を開発・商品化した時に、物語れる商品として「削り節」が福山の発祥の地であることを掘り起こした。大正~昭和初期「削節王」と呼ばれた安部和助氏の事も含めて。
大正初期に生まれた製法で、いりこを削り、その削り節が、弊社商品に入っている。
先日、某テレビ局の方が、その歴史と人物について深く掘り下げ、四十五分番組にしたいと相談を受けた。取材は地元福山から関東地方にまでおよんでいる。
偶然にも阿部氏の身内の方が母の親友であった事も、番組制作に繋がった様だ。縁とは不思議なものである。
本日、夕方から母を交えての取材。週末には安部氏ゆかりの地で再度取材を受け、締めにはなぜか「うずみ」が登場する!!!
放映は10月に入ってからである。
[PR]
by homezou | 2011-09-20 23:32 | 特産品