子どもの成長「抱っこ編」。

保命娘に「抱っこしてあげよう、こっちへおいで」。と何気なく言ってみた。
何で急に?と不審がる娘・・・。恐る恐るそばに寄って来る。
彼女が生まれる前から、地域資源のミッションが始まり、毎日深夜過ぎの帰宅で、上の二人の息子の時と違って接する時間が非常に限られていたのも事実。
四歳にしては結構重い!彼女が生まれてしばらくは、抱っこなどしていたが、あっという間の成長だと感じた。
やはりまだ幼児。抱っこされると、とても嬉しそうにしていた。何気ない事だが彼女に「もういい!」と言われる日まで、抱っこしてやろうと思った。
[PR]
by homezou | 2011-01-13 23:29 | 家族