懐かしの銅板校歌。

f0134669_2373969.jpg明日は午後3時過ぎから、母校で講演。
演題は「人が元気 まちが元気 学校が元気」。
小学校時代の情報収集と打ち合せのため母校を訪れた。
玄関を入って正面に、小生たちが卒業記念の証として、校歌を彫った銅板が目に飛び込んだ。
昭和55年3月に卒業していたことが、銅板によって判明した。約30年前のことである。
当時としては画期的な卒業記念だと思った。確か一人一文字担当をした。ということは現在の約倍の卒業生がいたことになる。
[PR]
by homezou | 2010-06-22 22:39 | 学校