福山の郷土料理を実践。

f0134669_1101714.jpg備後特産品研究会も五年目を迎える。
多くの方々のご協力のもと、地元特産品を使った商品が県内外に流通し、ご当地グルメも市内各所で、少しずつ実践され始めた。本当にありがたいことだ。
「ふくやま鯛茶漬け」や、いつもは、しいたけを使うが、このたびは本物のマツタケを使った「うずみ」を振舞おうと検討中である。
すでに、マツタケをあるチャンネルから廉価な価格で購入した。来年まで状態が維持できる極秘の保存方法を何種類か教えて頂いた。
関係者で、来年初旬にゲリラ的に食事会を開く予定だ。
[PR]
by homezou | 2009-12-05 23:52 | 特産品