「ほっ」と。キャンペーン

ぶんぱく二日目。

f0134669_21324925.jpgぶんぱく2日目。スタッフ一同、表は「I love FUKUYAMA」、裏は「ここが福山市じゃけぇ」Tシャツを着て今日も頑張りました。
朝から大勢の人が来場。文京シビックセンターには、区役所が入っており、そこからぶんぱく会場に人が流れてきたり、近隣住民の方たちも珍しさに来場して下さいました。
やはり食品系は強く、福島市のりんごや新潟県魚沼市のお米は完売状態。わが福山市のばらグッズは、かなりの苦戦を強いられましたが、鯛めしや保命酒は結構、健闘しておりました。
今日は、福山出身の学生(誠之舎という福山市出身者専用の学生寮に住んでいる学生)も手伝いに駆けつけてくれ、中国放送RCCテレビの取材も入っておりました。
職員だけでなく民間や学生が一丸となって地元福山の都市宣伝を、都内中心で出来たことは、いい意味での福山を全国に発信するきっかけとなったと思います。
一方、福山では、備後特産品研究会の「ふくやま鯛茶漬け」の出前講座が湯田公民館で行われており、くどせ料理担当や副会長のへいちゃんのおかげで、会長の小生の不在でも、こちらも滞りなく終えることができ、大変感謝!!!
東京、福山でのみんなの連係プレイ、チームワークの一日でした。
[PR]
by homezou | 2009-10-05 21:31 | 特産品