いい話!

ここ数ヶ月、新たな事業で色々と手こずってる中、徐々に光が見えてきた様な、来ない様な。
そんな中、いつも的を得ているなぁと感心する、とある人のブログの文章に目が止まった!

「天才とは1パーセントの才能と99パーセントの努力だ」

努力しないと、天才には成れないという解釈で伝わっているが、天才チャップリン本人は、「私は、たとえ99パーセントの努力をしても 、1パーセントの才能がなかったら天才にはなれない。」と言っていた。

才能を自覚した上で努力をすることが成功の秘訣なのに 、多くの人は勘違いをしている。

1パーセントの才能という言葉は、才能が絶対必要だという意味である

つまり、『1%の才能とは、自分がその事に取り込んでいることが楽しくてしょうがないこと。人は、それが「真実のゴール」であれば努力を努力とも思わず、自然と頑張れる。モチベーションを「上げよう」などと思わなくても、自然とそれは湧いてくる。

 こういう事が、1%の才能で、努力とはその上に積みあがっていくもの。だから、今の現状が苦しくて苦しくて、ただただ、金儲けのための仕事を一生懸命しても時間の無駄になりやすい事だと思う。

なるほど!なんだか、心のモヤモヤが消えていくような気がした。
[PR]
by homezou | 2009-09-08 23:16 | 特産品